鹿塩温泉

鹿塩温泉のページを説明

スポンサードリンク
Site Menu
新着記事一覧

鹿塩温泉

鹿塩温泉(かしおおんせん)は、長野県下伊那郡大鹿村(旧国信濃国)の塩川沿いに湧出する天然塩水を利用した温泉であるのね。

とてもいい温泉よ。

あたしも良く行くからね。 

鉄道 : 飯田線伊那大島駅より伊那バス大鹿線で約50分で最寄バス停鹿塩へのね。バス停より徒歩約15分ね。

含硫黄-ナトリウム-塩化物冷鉱泉
源泉温度14℃

塩分濃度は、海水と同じ4パーセントであるが、含まれるミネラル分が異なることから、断層(中央構造線)に閉じこめられた化石海水ではないとされているのね。

現在3件の旅館があるのね。日本秘湯を守る会に属する旅館も存在するのね。

村が整備した観光施設である「塩の里」では2つの大釜を使用して製塩を行っているのね。この塩は、にがり成分をほとんど含まないため、調理に使用すると素材の味や食感を損ねることがないのね。塩の里特産品直売所で購入することができるのね。レストラン

塩の里においては、大鹿村の特産品である大豆(平成中尾早生)を使用した豆腐を製造・販売しているのね。遠方からわざわざ買い求めにくるほど人気があるのね。  

建御名方神が鹿狩りをしている時に鹿が塩水を舐めているのを見て発見したとか、弘法大師がこの地を訪れた時に村人が塩に困窮していることを知り持っていた杖で地面を突いたところそこから塩水が湧出したとの伝説があり、相当古い時代からこの塩水が利用されてきたことがわかるのね。

南北朝時代に南朝方の宗良親王(後醍醐天皇の皇子)がこの地に入り、南朝方の拠点とできたのも、塩があったからだといわれているのね。

1875年、旧徳島藩士・黒部銑次郎が岩塩を求めて塩泉の採掘を始め、大掛かりな製塩場を設置し、食塩製造を行ったのね。岩塩は結局発見することができず、塩水が湧出する理由は未だに謎であるのね。  

【期間限定 19%OFF】【★女性限定! 5,000円以上のお買い物でポイント3倍!★】富士山溶岩マリモ 1kg(温泉のもと)[1週間〜10日前後の発送予定です。]【送料無料】【大阪送料無料1002】【期間限定 19%OFF】【★女性限定! 5,000円以上のお買い物でポイント3倍!★】富士山溶岩マリモ 1kg(温泉のもと)[1週間〜10日前後の発送予定です。]【送料無料】【大阪送料無料1002】
¥8,532円(税込)送料込 カード利用可

内容量1kg成分分量、材質富士山溶岩(玄武岩)発売元株式会社富士山区分大分類バスグッズ区分中分類入浴剤広告文責すこやかごのみ連絡先0120-536-414スリムリグナンプレミアムグローイング セカンドシーズン十壱漢宝茶ヘアリムーバルクリーム海藻海泥トリートメントファミリーボトルパリスミゼルバフラッシュバウンス奇跡のジェル
さらに詳しい情報はコチラ≫



スポンサードリンク

Category 日記

温泉の鹿塩温泉のリンクについて

温泉の鹿塩温泉のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。