修善寺温泉

修善寺温泉のページを説明

スポンサードリンク
Site Menu
新着記事一覧

修善寺温泉

修善寺温泉

修善寺温泉(しゅぜんじおんせん)は、静岡県伊豆市(旧国伊豆国)にある伊豆半島で最も歴史がある温泉であるのね。

アクセス・・・

☆東海道新幹線または東海道本線の三島駅から伊豆箱根鉄道駿豆線で終点の修善寺駅下車なのね。バスで8分ね。

☆東名高速道路沼津ICから自動車で1時間よ。

☆単純温泉なのね。

中心に桂川が流れ、その沿岸に温泉宿が並ぶのね。温泉街の中心の川の中のあずまやに無料の「独鈷の湯(とっこのゆ)」という温泉がある。

ただし街中であること、入浴者のマナーの問題から原則として入浴禁止となっているのね。

すぐそばに地名の由来となった修禅寺(しゅぜんじ)があるのね。

温泉地は、日本百名湯にも選ばれているのね。

以前は独鈷の湯を含めて7ヶ所あった外湯(共同浴場)は、一時期地元住民専用の浴場が残るのみとなっていたが、2002年に観光客も入浴可能な「筥湯(はこゆ)」が出来たのね。

2004年10月には台風22号によって温泉街に大きな被害がもたらされたのね。

修善寺温泉の歴史は、平安時代に弘法大師が開いたという修禅寺の歴史とともにあるのね。

独鈷の湯も弘法大師が湧出させたとされ、これが修善寺温泉の起源であるのね。

川原で病気の父親の体を洗う少年のために「弘法大師が独鈷を用いて岩を砕き、そこからお湯が湧出した」との開湯の伝説が残るのね。

鎌倉幕府の時代には、源頼家が修禅寺に幽閉されたのね。

明治時代には静かな環境が文豪に愛され、夏目漱石らが訪れたのね。

岡本綺堂: 戯曲『修禅寺物語』随筆『春の修善寺』『秋の修善寺』があるわ。

☆芥川龍之介: 短編『温泉だより』『新曲修善寺』
☆尾崎紅葉: 『金色夜叉』を執筆
☆泉鏡花: 1928年5月、肺炎の病後に滞在[1]のね。修善寺に題材を取った作品に『斧琴菊』『奥の院にて』『半島一奇抄』がある
☆夏目漱石: 『修善寺の大患』
☆島崎藤村: 『伊豆の旅』
☆田山花袋: 『北伊豆』『南伊豆』
☆川端康成: 『伊豆温泉記』
☆井伏鱒二: 『修善寺の桂川』
【育毛温泉キャップ】【育毛温泉キャップ】
¥7,392円(税込)送料込 カード利用可
オススメ度:★★★★


米粉パンのレシピ
心を強くしてストレスに打ち勝つ方法
現代型うつ病を克服する方法!
素敵な大人のカジュアルサイズフリーサイズ:52〜68cm(男女兼用)育毛、頭皮、抜け毛当店では合計金額が5,250円以上で送料無料サービス♪※送付先が離島の場合は、別途送料が掛かる場合があります。育毛、頭皮、抜け毛商品は、【 1週間前後 】より順次発送予定となります。(*^-^)/  1個から代引き手数料、送料ともに無料!※ 離島などにお住まいの方は、別途送料がかかる場合があります。■ こ の 商 品 を 買 っ た 人 は 、こ ん な 商 品 に も 興 味 を 持 っ て い ま す ■
さらに詳しい情報はコチラ≫



スポンサードリンク

Category 温泉

温泉の修善寺温泉のリンクについて

温泉の修善寺温泉のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。