白馬鑓温泉

白馬鑓温泉のページを説明

スポンサードリンク
Site Menu
新着記事一覧

白馬鑓温泉

白馬鑓温泉

白馬鑓温泉(はくばやりおんせん)は、

長野県北安曇郡白馬村北城 字白馬山国有林(旧国信濃国)にある温泉よ。いい気分(温泉)

白馬鑓ヶ岳中腹の標高2100 メートル地点にある、

登山者だけが行ける温泉であるわ。キスマーク

猿倉を起点とした大雪渓〜白馬三山(白馬岳、杓子岳、白馬鑓ヶ岳)〜白馬鑓温泉の登山コースは、登山初心者に人気があるの。

「白馬岳」の読みは正式には「しろうまだけ」なので、「しろうまやりおんせん」と読む人もいるけどね、

山小屋としての正式な読みは「はくばやりおんせんごや」でね、

温泉の正式な読みも「はくばやりおんせん」よ。いい気分(温泉)

内湯は存在せず、露天風呂だけがあるわ。家

露天風呂は開放感のある混浴露天風呂と、

回りを壁で囲まれた女性専用露天風呂があるのね。

混浴露天風呂は眺望が素晴らしく、好天ならば日の出の時間に入浴し、湯船につかりながらご来光(日の出)を望むこともできるわスキー

小屋のすぐ前に位置し遮るものが何もないために、

小屋の前を通る登山道を通行する人から丸見えよ。

お湯は小屋の横の巨大な岩の割れ目から湧き出しているわ。

なお、立ち寄り入浴(有料)も可能でね、

近年は足湯(無料)も新設されているわ。るんるん

夜、消灯時間以降に露天風呂に入るには懐中電灯が必要よ。

天候が良ければ満天の星が望めるわ。決定

ただ、山小屋は翌朝の行動のために早く眠る人が多く、

混雑時は相部屋の他の人のためにも、消灯時間以降の入浴は静かに行うのよ。


山小屋である「白馬鑓温泉小屋」だけが季節営業している一軒宿の秘湯。温泉街は存在しないわ。

7月上旬〜9月下旬だけの営業で、期間外は閉鎖され、

建物は雪崩を避けるために解体されるわ。ダッシュ(走り出すさま)

毎年6月下旬から小屋の組み立てを行っているのね。

組み立て・解体が容易な構造のため、簡素な造りの山小屋であるわ。

自家発電の温泉山小屋のため、21時以降は消灯となるのね。

「白馬鑓温泉小屋」
は山小屋であるため、

部屋が相部屋であることや、

食事が質素であるなどの点を理解して宿泊する必要があるわ。目

最混雑期は1つのふとんに2人で寝るほど混雑することがあるので、

山小屋の宿泊に不慣れな人は閑散期に訪問すべきよ。 電話

みやげ物としては、

山小屋の売店に「白馬鑓温泉」ロゴ入りのタオルやTシャツ等があるわ。

スポンサードリンク

Category 日記

温泉の白馬鑓温泉のリンクについて

温泉の白馬鑓温泉のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。