渋温泉

渋温泉のページを説明

スポンサードリンク
Site Menu
新着記事一覧

渋温泉

渋温泉

渋温泉(しぶおんせん)は、長野県下高井郡山ノ内町(旧国信濃国)にある温泉よ。

一帯は「湯田中渋温泉郷」と呼ばれる温泉郷であるわ。

大湯の他に、宿泊客以外の人でも入浴可能な日帰り入浴施設、「信玄かま風呂」が1軒存在するの。

温泉寺境内に存在し、蒸し風呂を楽しむことができる。但し女性の場合、大湯の脱衣所の脇に蒸し風呂への入口があるため、共同浴場でも蒸し風呂が提供されていることになるわ。

また大湯上部に「足湯 のふとまる」が無料で存在するわ。

元は「シナヌ」であったとされ、後に「科野」の字が当てられたのね。

「古事記」中巻には「神八井耳命者科野国造等之祖也」と記され、大国主命の子健御名方命が諏訪に入国する際にも、「科野国之洲羽海」に至ると記されるわ。

科野の語源については諸説あるが、江戸時代の国学者である谷川士清は「日本書紀通證」に「科の木この国に出ず」と記し、賀茂真淵の「冠辞考」にも「(一説では)ここ科野という国の名も、この木より出たるなり。」と記しており、「科の木」に由来する説が古くから有力とされているの。

また賀茂真淵は「名義は山国にて級坂(しなさか)のある故の名なり」とも記しており、山国の地形から「段差」を意味する古語である「科」や「級」に由来する説を残しているわ。

他に「シナとは鉄に関連する言葉」とする説もあるのね。

科野は和銅6年(713年)の「風土記」を境に、「信野」を経て「信濃」へと移り変わっていくわ。

長野県で最も古い「信濃国」の文字は、平成6年(1994年)に千曲市屋代遺跡群から発見され、現在は長野県立歴史館に所蔵されている8世紀前半(715〜740年)の木簡となるのね。


恋花温泉 3 (3) (ジェッツコミックス)恋花温泉 3 (3) (ジェッツコミックス)
川津 健二朗
白泉社 刊
発売日 2006-11-29




むしろ楓花とのらぶエロがほしい 2008-01-26
アルバイトとしてやってきた、男嫌いの瑠梨香。

いわゆるツンデレです。



で、ぶっちゃけ萌えるか? 

否であります。

性格はともかく、半円で角張ったきつい目つき、頭頂まで突き抜けてデコ、男っぽい眉毛が全てを台無しにしています。

容姿はもう少しなんとかならなかったのか。

orz 著者は絵がヘタというわけではないだけに、残念です。



瑠梨香がこの巻の中心人物ですが、主人公と野乃花のらぶエロ(3回ほど)は健在ですので、ご安心を。


さらに詳しい情報はコチラ≫



スポンサードリンク

Category 日記

温泉の渋温泉のリンクについて

温泉の渋温泉のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。