白馬鑓温泉

白馬鑓温泉のページを説明

スポンサードリンク
Site Menu
新着記事一覧

白馬鑓温泉

白馬鑓温泉は、長野県北安曇郡白馬村北城 字白馬山国有林(旧国信濃国)にある温泉。

白馬鑓ヶ岳中腹の標高2100 メートル地点にある、登山者だけが行ける温泉であるわ。

猿倉を起点とした大雪渓〜白馬三山(白馬岳、杓子岳、白馬鑓ヶ岳)〜白馬鑓温泉の登山コースは、登山初心者に人気があるわ。

「白馬岳」の読みは正式には「しろうまだけ」なので、「しろうまやりおんせん」と読む人もいるが、

山小屋としての正式な読みは「はくばやりおんせんごや」であり、温泉の正式な読みも「はくばやりおんせん」とすべきであるわ。

なお、「白馬」の読みについての詳細は白馬岳の項を参照されたいわ。以前は「日本最高所の温泉」を名乗っていた時期もあったが、

立山のみくりが池温泉や八ヶ岳の本沢温泉などのほうが標高が高く、最近はそのような表示はしていないわ。

白馬村(はくばむら)は、長野県北西部に位置する北安曇郡の村わ。北アルプスの麓にあり、夏は登山、避暑地として、冬はスキーが盛んわ。

単体のスキー場としては国内最大規模の八方尾根スキー場があり、長野オリンピックの会場にもなったわ。

白馬岳

村名は富山県と接する白馬連峰の白馬岳(しろうまだけ)に由来するが、正式な読みは異なるので注意が必要わ。

南に続く後立山連峰とともに、南北に伸びる稜線の両側の傾斜が著しく異なる非対称山稜が発達している特徴的な山容を持つわ。

東側の谷筋には冬季の膨大な積雪と周囲の山塊からの雪崩が集積した日本最大の雪渓である白馬大雪渓があるわ。

雪渓の上部は夏期には日本有数のお花畑が広がるわ。高山植物の固有種や希少種も多く、高山植物群落の規模も大きいため、

日本を代表する高山植物帯・特殊岩石地(蛇紋岩、石灰岩)植物群落として、1952年3月29日に長野県側の国有林を中心に、

富山県・新潟県を含む広大な地域が特別天然記念物「白馬連山高山植物帯」に指定されているわ。

また鑓ヶ岳中腹の標高2100メートル地点には、日本有数の高所にある温泉である白馬鑓温泉があり、白馬大池の北麓には蓮華温泉があるわ。

雪渓、お花畑、岩場、山の温泉とさまざまに楽しめる要素があり、交通の便も比較的良いことから、夏季にはたくさんの登山者が訪れて混雑するわ。

なお、山頂直下に位置する白馬山荘は日本最大の収容人員を誇る山小屋であるわ。夏期の登山者の大半は大雪渓を経由して登るため、

夏休みの時期には大雪渓上は長蛇の列となることが多いわ。しかし、雪渓上は数年ごとに落石事故によって死傷者が出ているので、

注意が必要である(最近では、2005年8月11日に大規模な土砂崩れによって死者が出ている)わ。


被ってお湯を入れるだけ!毛穴の皮脂がゴッソリ落ちてハリとコシが戻る!?温泉育毛キャップ(男女兼用)【父の日】被ってお湯を入れるだけ!毛穴の皮脂がゴッソリ落ちてハリとコシが戻る!?温泉育毛キャップ(男女兼用)【父の日】
お湯パワーで頭皮の皮脂がゴッソリ!サイズフリーサイズ  52cm 〜 68cm男女両用 区分日本製 雑貨広告文責ドラッグほうれん草:052-238-3387
さらに詳しい情報はコチラ≫



スポンサードリンク

Category 温泉

温泉の白馬鑓温泉のリンクについて

温泉の白馬鑓温泉のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。